ウーマン

処理できる特殊機械をレンタルする|残土処理をサポートする業者

メンズ

レンタルでコスト削減

現在は特殊機械をレンタルすることも可能担っています。土木現場や建設現場で使用するガラパゴスフルイ機や振動篩機、そして土質改良機などの特殊機械をレンタルできるので、コストの削減になります。

工事現場

埋め戻しができる土にする

採掘された不良土を埋め戻しできる状態にするための特殊機械のことを、土質改良プラントといいます。不良土の形状やサイズも細かく均一にすることができます。さらに強度を加えるために、固化材も混合して再利用できるようにします。

作業員

工事現場の可能性が広がる

土木工事や採掘現場では、自走式のガラパゴスフルイ機の存在が欠かせない物になっています。ジョークラッシャーを採用することで、大量の残土も処理することが可能になっています。大きな岩も粉砕して再利用できる状態んしてくれます。

コストを抑えて処理

工事現場

土木や建設業界では、ビルやマンションの建設・解体工事をしてます。特に大きなビルやマンションを建設する時は、地中深くに杭を差し込むための穴を掘削する必要があります。日本は地震が多い国ですので、大地震が発生した場合でも、住民の安全を確保することが大事になります。そのため掘削工事しなくてはいけませんが、掘削工事を行なうと、残土と呼ばれる建設副産物が発生します。これを正しく処理することを残土処理と言います。
なぜ残土処理が必要かというと、残土の中にはコンクリートや鉄くず、石や岩などが大量に含まれているからです。ですから放置するわけにもいかず、残土をそのままの状態で再利用することもできません。ですから再利用できる状態にするために残土処理を行なうのです。

残土処理を自社で行なうためには、特殊な機械が必要になります。大量の残土は大きな向上で処理しなくてはいけません。そのため、現在は一般的な業者に残土処理を依頼する企業が多くなってきています。残土の中のコンクリートや鉄くず、そして岩を分別して、再利用できる土の状態に戻すことが可能となります。近年では、建設・解体現場まで出張して特殊な処理機械を搬入してくれる企業もあります。また、残土処理が必要なときだけ、処理する特殊な機械をレンタルすることも可能です。この特殊機械は購入するためには、高額な費用が必要ですし、メンテナンスもしなくてはいけないので、コストを抑えて残土処理をする場合は業者にサポートしてもらったほうがいいでしょう。